ぼちぼちいこか

趣味、旅行、仕事、子育てなど雑記ブログ。社畜から卒業して自分の人生をぼちぼち取り戻すよ!

子育て(ADHD)

うちの娘も中学受験しちゃう?? 桜井信一さんのイベント「算数教室」に参加した。「下克上受験」を見て影響されてます(笑)

いこか PC記事上 レクタングル大

スポンサーリンク

更新日:

2017年1月~3月に放送されていた下克上受験、しっかり見ちゃいました。
先日からうちの娘も新5年生。
娘もちょっと刺激されて影響を受けています。
「パパと一緒に勉強したい」って。
勉強して東大に行く、なんて言ってます(笑)

もし娘が本当に東大京大など旧帝大レベルの大学に行きたいならば、少しでも早めに受かりやすくなる可能性のある道を考えてあげるべきなんでしょうね。

僕は小学校から大学まで全て公立だったので、中学受験が本当に必要なのか良く分かりません。でも、このドラマをきっかけに娘の教育について真剣に考えるべきだと思いました。既に遅いでしょうかね・・・。

個人的には、普通の公立中学からでも地域の一番手高校に進学する事は出来ると思うし、大阪の例で言うと神戸大、大阪大ぐらいであれば進学出来る可能性は十分にあると思っています。
今は東京にいるので、だいぶ事情は違うのかもしれないけれど出来るだけ人気のある公立高校に進学はさせてあげたいですね。

まぁ、本当に東大・京大となれば、公立でも最もトップ校に行っておくほうが良いのかと思われますが、中学受験したからと言ってもかなり上の中学に入らないとあまり意味は無いかなって感じがします。

まぁ、今からでも少しずつ高校・大学を意識して、一緒に勉強を始めようと思います。
実は、このドラマ観る以前も一緒に勉強したりしていたし、僕自信も勉強するのはそんなに苦痛ではないので、このドラマに刺激されてさらに楽しみながら一緒に勉強して行こうと思います。

下克上受験、ドラマの後に原作本を買っちゃいました。ドラマ以上になかなか壮絶だったんですね。

桜井真一さんのブログも読みました。
で、そのブログで「イベント」の存在を知り、春休みでゴロゴロのんびりしていた娘を連れてイベントに行って来ました。
イベントは、マイナビ家庭教師主催の桜井信一さん「算数教室」です。

oyakonokinenjuken.blog.fc2.com

こっそり写真も取って来たんですけど、アップしたらダメだろうからブログには載せませんが、関西弁バリバリの”オヤジ”って感じ。

ていうか、年齢も同じぐらいでもしかしてかなりガラの悪い中学に行かれていたんだったら、かなり近くに居たんじゃあないだろうかと思っちゃいましたね。ひょっとして同級生とか??? まぁそれは無いにせよ、僕の通っていた中学も結構荒れていて高校に行かない人多かった事を思いだ出しました・・・。

イベントの算数教室の授業、たぶん娘にとっては授業の内容はチンプカンプンだったかと思います。とにかくペースが早すぎましたで・・・。また目が悪いので書いている内容が見えなかった事もあろうかと思います。

授業ペースが早くしてたくさんの事を伝えることを主眼に置いていたので、桜井先生も子供が理解することはほとんど期待していないかと思います。

僕は説明聞いたら納得は出来たので、たぶん何とかついていける感じですかね。まぁ聞いた観点でを娘には教えてあげようと思います。

何よりもイベントに参加してよかったと思うのは、中学受験って訳のわからない難しい問題の羅列で無いって事。
一見難しい問題でも、問題の本質を把握して如何に簡単な方法で回答する事ができるのかが問われているって事を教わりました。

また、非常に強いメッセージで記憶に残ったのは、塾に行ってもそんなに成績はUPしないと言うこと。
本物のバカを教える事で時間ばかりかけて遠回りしたけど、多数の工夫して本質を理解出来たって仰っていました。

勉強のやり方を考えないと、劇的に成績が上がることは無い、時間をかけても絶対に比例的にレベルアップはしないことが良く分かりました。

我が家はどうしますかね。。。
今のところ、娘の成績は中の上ぐらい。
たいへん困った状況にあるわけではないけれど、もっと伸ばして上げたいとは思います。

うちは昨年6月から公文式の算数をやっています。

幸い進捗は順調で、現在ちょうど5年生レベルをやっています。きっと夏頃にはもっと進みそうですね。
何よりも本人も楽しそうにやることが出来ていて、行かせて良かったと思っています。 お陰で学校の算数のテストもかなり良い点数ですね。

得意になりかけている算数をもっと伸ばすために、桜井先生の下克上算数をやってみようかと思います。
ここは敢えて難しい上級レベルのテキストでなく、改めて基礎から丁寧にやってみます。

下剋上算数のテキストを買っちゃったー。

立ち読みしたら、基礎レベルのテキストだけどそれなりに歯ごたえありそうだと感じました。
解き方も詳しく書いてあるので、娘と一緒にやりますね。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子育て(ADHD)

Copyright© ぼちぼちいこか , 2017 All Rights Reserved.