ぼちぼちいこか

趣味、旅行、仕事、子育てなど雑記ブログ。社畜から卒業して自分の人生をぼちぼち取り戻すよ!

APPLE 興味あること

MacBookProのキーボード打鍵感。軽い打鍵感の良さがようやく分かって来た。次回買う時はバタフライ構造キーボードも有りですね。

いこか PC記事上 レクタングル大

スポンサーリンク

更新日:

先日MacBookProを買いましたが、値段とキー打鍵感の比較で最後の最後まで悩んで結局旧型のMacBookProを買いました。
旧型MacBookProといっても2015年モデルだから性能的には問題ありません。
打鍵感は、新型MacBookPro、旧型MacBookProそれに、MacBook、MacBookAirで何度も何度も比較しました。

実は、これまでもっとも僕が気に入っていたのはMacBookAir(会社はこれ使っています)の打鍵感でした。
自宅用に持っていたMacBookPro(2013モデル)よりも押した感覚があって、MacBookAirのキーボードが最高って思っていました。

でも、最近軽いタッチで打つ感覚が分かって来たような気がします。これに気が付くとMacBookAirでキーボードを打つのがちょっと疲れる事に気が付きました。これまでキーを押し込むのに力を掛けていたんですね。やっと分かった・・・。
MacBookProのキーボードで文字を打つほうがキーに触る感じで、キー入力が出来てこっちのほうが疲れないことが良ーく分かりました。

キー柔らかさは、MacBook ≒ 新型MacBookPro < 旧型のMacBookPro < MacBookAir となろうかと思います。

これまで最も重いMacBookAirがベストと思っていたんですね。
体が気がついちゃうと、もう戻れない感じですね。
MacBookのペチペチ感はかなり厳しいけれど、でも新型MacBookProの第2世代バタフライ構造キーボードならば使える気がして来ました。

まぁ、旧型MacBookProを購入しちゃったから今さらなんですけどね・・・。
しばらくは、旧型MacBookProのキーボードでも十分に軽くて疲れない事がわかったので、これでOK。
2,3年後に買い換える際は、たぶん全てのMacBook系はスプリングが追加された第二世代バタフライ構造になっているだろうから、問題無く購入することが出来ると思います。

旧型MacBookProのキーボード写真

あらためて、Appleってすごいメーカーだなって思いました。
だって、MacBookのキーボードはかなり賛否両論あったけれど、疲れないキーボードの開発ということで、さらなる改善を目指した結果ですよね。
多少、新型MacBookProで修正をして第2世代バタフライ構造キーボードとなったけれど、ユーザの慣れも変えさせて最もあるべき姿に世の中を導いて行くって本当に凄いと思います。
ちょっと大げさだったかな・・・(笑)

いこか PC記事下 レクタングル大

スポンサーリンク

いこか PC記事下 レクタングル大

スポンサーリンク

-APPLE, 興味あること
-

Copyright© ぼちぼちいこか , 2017 All Rights Reserved.